さわやか信州、夏レク、からの首都コン!

0

    オヒサシブリデス。

    いたるです。

     

    前回の投稿からかなり間が空いてしまいました。
    最近は様々なコンベンションに参加していて忙殺されていました。
    幸せですね。
     
    前回の投稿のあとからひと月ほどで行ったのは、
    ・さわやか信州マジック交流会
    ・関東大学奇術連盟夏のレクチャー会
    ・第二回首都圏マジックコンベンション
    です!
     
    まずは、さわやか信州マジック交流会から!
    僕はゲストとして呼んでいただいたき、リハーサルが土曜日にありました。
    お客さんは日曜日のみの参加という、最近流行りのワンデーコンベンション。
    何かと家のことが心配で泊りがけのコンベンションに参加しづらい主婦層にも人気だそうで、さわやか信州交流会は近年最も人気のコンベンションの一つだそうです。
    参加費も5000円とコンベンションにしては破格だと思います。
     
    場所は、主催者の東天晃さん↓↓
    の本拠地である長野県佐久市です!
    とっても気持ちが良いところでした(^^♪
     
    内容ですが、午前中にレクチャーとディーラーショーがあり、お昼を挟んで、13時からマジックショーでした。
    人気のコンベンションということで、ディーラーさんもたくさん集まっていてびっくりしましたー。
    ちなみに僕は深井先生のところで一つお買い物をしたんですよー
    上手くいけば8月の夢奇房ミニ発表会でお披露目できるかなーと思っています。
    深井先生は亜空亜SHINさんといっしょにいらしていて、僕はシンさんの大ファンなので、ご挨拶させていただきました!
     
    マジックショーは二部構成で、出演者はチラシの通りでした!
    殆どの方は、直接話すのは初めましてだったのですが、皆さん優しくしてくださってわいわい楽しくやらせていただきました。
    マジック界ではよくある話ですが、初めましてだけど、画面の中、舞台上では観たことがあるので、はじめてな気がしないっていうのは、僕にとってまだまだ不思議な感覚です。
    そんなわけで、とっても楽しいコンベンションでしたー。
     
     
     
     
     
     
    お次は、夏レクです!!
    僕が去年まで現役学生で所属していた、関東大学奇術連盟では春秋の二回の連盟発表会にくわえて夏と春にレクチャー会をやっています。
    大体いつもの流れだと、一組の演技&レクチャートーク&質問コーナーで3組連盟のメンバーがやった後にゲストという感じです。
    今回は、
    ・東洋のWウォンド(さわたさんとまなむさん)
    ・東大の木村さんのダンシングケーン
    ・東洋ののざけんくんのフラワー
    で、ゲストが、
    ・岩根祐樹君でした。
    このイベントは、単に技法のレクチャーをするだけではなく、手順を構成するにあたっての考え方などを話していくというところがとっても好きです。
    自分も勉強不足ではありますが、技術だけでなく、考え方をしっかり持ちたいと思っているので、今回もたくさん学ばせていただきました!
      
      
      
    そして、昨日、8/7に行われたのが首都圏マジックコンベンションでした!
    主催者が意識していないのか、見るたびに、聞くたびに、このコンベンションの名前が変わっているので本当はどの名前が正しいかわかりませんが(正解はないんじゃないかと思っていますが、、、)首都コンってみんな呼んでるやつです。
    昨年11月に第一回が開催され、僕も仲間と3人でコンテストに参加させていただきました。
    そこで賞をいただいた関係で、今回ゲストとして呼んでいただいたのですが、ゲストやコンテスタントの豪華さの割にはお客さんが来ていなくて残念だなーと思いました。
     
    コンテストはジェネラル部門とワールド部門の二部構成でした。
    恐らく、日本海マジックコンベンションを意識しているんだと思います。
    ジェネラルが手品を楽しむことを一番とするような人、ワールドのが世界大会とかを意識するような人が集まってくるっていうイメージでしょうか。
    ジェネラルでは一人だけ21歳の渋谷勇徹(シブタニユウテツ)君という若手が出ており、けん玉やよーよーといった昔を懐かしむような玩具をモチーフにした、ボールとカードのマニピュレーションが印象的でした。また、どこかで見たいです!
    ワールドは、全員知り合いでした(笑)
    演順は、
    1.よじっくくん(慶應の超絶スライハンドのウォンブル)
    2.秋山さん(ご存知の方も多いかもしれません、夢奇房のでっかいリングの人です)
    3.森岡哲也さん(音符とボールの人。Perfumeじゃなくなってた!良い!!)
    4.ラニクラ(毅&奈央さん。カード)
    5.華子さん(夢奇房13回でマスクやってた人。シルクとウォンド)
     
    いつも通り哲也さんが一位だったわけですが、僕が嬉しかったのは秋山さんが3位になったことです!
    一緒に練習させて頂いているのですが、いつも勉強させていただいますm(__)m
    今回初受賞ということで、たくさん飲んでもらうしかないですね(笑)
     
    午前中にコンテストを終えた後、ゲストショー、ディーラーショー、レクチャー、ゲストショーといった感じでした。
    ゲストの方とは初めましての方が多く、演技もまた、素晴らしいものばかりだったので、大満足でした!
    その中でも、伊能登志子さんとは最近ご一緒させていただくことが多く、たくさんお話をさせていただきました(^^)
    ありがとうございました。
     
      
     
    ざっくりと三つのイベントを書いてみましたー。
    これらのイベントがひと段落して落ち着いたということは、ありません...!!
    なんと、今週土曜日は、CROSSROADというマジックショーがっ
    これにも夢奇房の多くのメンバーが参加予定です!
    皆さんも会場でお会いしましょう(*^^)v
    詳細はコチラ↓↓
     
     

     

    それでは、今回はこの辺で!
    さようなら

     

     

    いたる


    夢奇房第14回公演開催決定!

    0

       夢奇房第14回公演の開催が決定いたしました!

       

       夢奇房第14回公演

       日程:2017年2月26日(日)

       会場:東京都北区滝野川会館 大ホール

       (第13回公演と同じ会場です!)

       

       ちょっと先ですが、皆さん予定を空けておいてくださいね(^^

       

       公演情報は、夢奇房公式サイトにて随時お知らせします。

       お楽しみに!

       

       また夢奇房では第14回公演を共に創る新メンバーを募集しています!

       興味があるという方、ぜひ例会にお越しくださいね。

       詳細は、公式サイトのメンバー募集ページをご覧ください。

       よろしくお願いします!


      8月13日「CROSSROAD〜扉の向こうへ〜」出演情報!

      0

         こんにちは、Web担当:よーわんです。

         今日は夢奇房メンバー出演情報をお伝えします。

         

         8月13日(土)に開催されます、CROSSROADさんの公演「CROSSROAD〜扉の向こうへ〜」に、TriCoRole TheatreのClownタランが出演します!

         応援よろしくお願いします!

         

         以下、告知文になります。

         

         

         「CROSSROAD〜扉の向こうへ〜」

         【日時】
         2016年8月13日(土)
         13:00 開場 13:30 開演

         【場所】
         練馬文化センター 小ホール
         〒176-0001 東京都練馬区練馬1丁目17-37

         【料金】
           一般:2,500円(税込)
         学生割引:1,500円(税込)
         

         チケットはCORSSROADさんのサイトよりお申込みいただけるようです。

         イベント詳細なども、下記のリンク先でご確認くださいね。

         CORSSROADさんのサイト

         http://www.crossroad.info/index.html

         

         以上です。

         よろしくお願いいたします!

         


        7月例会!

        0

           こんばんは、Web担当:よーわんです。

           

           ちょっと間が空いてしまいましたが、今回は9日に行なわれた7月例会のことを。

           

           

          ☆今回から、いよいよ第14回公演に向けての話し合いが本格化してきました。

           

           

           …話し合いと言っても、どんなことを…?と疑問に思われている方もいらっしゃると思いますので、本当に大ざっぱにですが、一部内容をご紹介します。

           

           

           例えば、僕たち夢奇房が公演を開催する場所。

           前回は東京都北区の滝野川会館、その前は東京都西東京市の市民会館をお借りして開催しました。

           今回、どの会場をお借りして開催するか。

           みんなで意見を出し合いながら、決めていきます。

           

           同時に考えなければいけないのが、日程。何月、何日に開催するか。

           日程でポイントなのは、『公演当日だけでなく、公演前日も会場をお借りする』ということです。

           ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、夢奇房では公演の前日に設営やリハーサルをしますので、2日続けて終日会場をお借りできるか、ということも非常に重要だったりします。

           

           そして公演の内容。

           …こ、これはさすがにまだここで触れることはできませんけどね(^^;;

           

           

           そんな話し合いが毎月行なわれ、少しずつ公演の形が出来上がってくる、というわけです。

           近々皆さんに何か公演のことをお伝えできればいいなと思ってますので、もう少々お待ちくださいね。

           

          ☆次回、8月の例会は8月6日(土)に開催されます。

           第14回公演に出演したいという方、スタッフとして一緒に公演を創ってみたいという方、ぜひぜひお越しくださいね。

           まずは見学だけ…という方も大歓迎です。

           詳細は公式サイトのメンバー募集ページをご覧ください。

           お待ちしています!

           

           


          早稲田大学マジッククラブ「Family Party」

          0

            こんにちは、しゅんいちです。

            6月25日(土)、西東京市民会館にて開催された、早稲田大学マジッククラブさんの発表会「Family Party」を観てきました。

            いつもはいたるくんが書いているのですが、今回は私が報告します♪

             

            西東京市民会館、夢奇房にとっても懐かしい場所ですね。

            (*´∀`*)

            第12回を行った場所です!

             

            さて、今回見ていて良かったところを挙げますね♪

             

            リングとチップは道具の扱いが良かったです!

            リングは、肩に掛けたり貫通させたりする動きに凝っていらっしゃって、全体的にスピード感のある演技。

            チップは増加や色の変化が鮮やか!

            スライハンドをやった身からすると「相当練習したんだろうなー」と。チップ愛を感じました。

             

            技術もさることながら、カード・シンブル・ワインは手順や構成もきれいでした。

            カードは封筒を使った演出を加えることで、現象にバリエーションが出ていましたし、

            シンブルはその現象がテンポ良く進んで、最後まであっというまでした。

            ワインの方は個人的に好きでした。表情とか姿勢とか所作が素敵で、種目と相まって美しい演技になっていました。

             

            見せ方や演出をしっかり意識された方がたくさんいました。

            3部の最初の方は道化師の格好で、他の方以上に「キャラクター」を作っていました。コメディチックなスポンジボールからメリケンで場の雰囲気を盛り上げていました。

            キャラクターでいうと、ダンシングケーンの方も自身が人形という設定で、衣装や心臓、さらによーく見ると足の関節が人形っぽくなっていました(ああいうタイツでもあるのかなあ?)

             

            パラソルのグループの方は王子とメイドさんの衣装に本気度を感じました。一体幾らかけてるんだ(笑)…もちろん、手順自体も3人ならではの傘の並びや動きで、息もピッタリでよかったです。(和妻の動きも参考にされたのかなー)

            4部のディスクの方は、ディスクを歯車と時計の文字盤に見立てた演技でしたが、照明で後ろのスクリーンにモチーフを投影させることで、世界観をお客さんにグッと伝わりやすくしていました。

             

            3部に分けて、計16演目、約2時間の発表会。

            たくさんのパフォーマンスを堪能でき、お得感満載!

            とっても田無……おっと……楽しかったです!

             

            ーーーーー

             

            早稲田大学マジッククラブ

            http://wasedamagic.web.fc2.com/

            Twitter:‎@wasedamagicclub

             

            −−−−−

             

            僕もいたるくんみたいに動画紹介しようかな。

            ピタゴラスイッチが僕好きなのですが、そのなかでもちょっと「不思議な」ものを。

            Check

            | 1/47PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << August 2016 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            夢奇房
            〜マジック・ジャグリングを
            主体とした、
            エンターテインメントチーム〜
            現在、次回公演に向けて
            新メンバーを募集中です!

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            PR

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM